ビデオをやめる

神聖なる「イメージ」だけでギンギンに勃起していた学生時代に戻る事で、想像性が富み、セ
ックス本番中も簡単な性的刺激で勃起できるようになります。
ただ、ビデオに慣れている人にとって、いきなり想像に戻るのは難しいかもしれません。
私もアダルトビデオに慣れ過ぎたせいで、久しぶりに想像でオナニーをしようと思った時、マッ
クスまで勃起させるのに苦労しました。
そういった場合は、グラビア雑誌を使って下さい。
それでも無理な人はエロ本を使って下さい。
それでも無理なら最初はビデオから始めても良いです。

 

ビデオをやめる

 

いずれにせよ、以下の順で少しずつイメージ(想像)へ持っていくようにして下さい。
「アダルトビデオ」 → 「エロ本」 → 「グラビア雑誌」 → 「イメージ」
次にペニスの握り方ですが、掌全体で根本の方から握って下さい。
やってはいけないのが、亀頭だけをつまんで、裏筋を刺激するような持ち方です。
亀頭の裏側は一番敏感で快感を得やすく、射精への近道なのですが、それに慣れてしまうと、
本番でも同じような強い刺激が無いと勃起しなくなってしまいます。
なるべく柔らかく、包み込むように、根本を中心にペニスを握って下さい。
さて、今度は動かし方ですが、やってはいけないのが高速でペニスをこする事です。
もうわかると思いますが、そうやって強い刺激で射精を繰り返していると、強い刺激でしか勃
起できなくなってしまいます。
スピードは落として下さい。
刺激はできるだけ小さく、フワッとしたイメージで動かします。
床にこすりつけたりもしないで下さい。
無理な力を与えるのは逆効果です。
想像を膨らませながら、ゆっくり丁寧にこすっていって下さい。
そして、一番大切なのが射精です。

まず1つ目に、射精する際は勃起率をできるだけマックスの状態に持ち込んで下さい。
60〜70%くらいではなくて、カリに青筋ができるくらいの気持ちで、100%勃起を目指します。
先程言った通り、中途半端な勃起で射精をすると、脳ミソがその勃起率を覚えてしまい、本番
で硬度不足が発生します。
100%の勃起を維持する事で、本番での硬度が上がります。
いきなり学生の頃のようなマックスの勃起率にはならないかもしれませんが、せめて80%以上
の勃起を目指すところから始めましょう。
そして、射精するまでにできるだけ時間をかけて下さい。
最低でもオナニー開始から射精までに30 分は欲しいと思います。
早く射精してしまうと、本番で中折れを起こします。
逆に、射精までの時間をたっぷりとる事で、本番での持続力はアップします。
私は現在、1時間かけるようにしていますので、余裕があれば同じくらい時間を取ってみると
良いと思います。